よくある質問 | 旅行業務取扱管理者Q&A

スポンサード リンク



よくある質問まとめ個別ページ一覧

Q.総合資格と国内資格、どちらを選べばよいでしょうか?
総合資格と国内資格がありますが、どちらを選べばよいでしょうか?総合旅行業務取扱管理者資格と、国内旅行業務取扱管理者資格、取得を考えた際にはどちらの資格を選んだらよいかですが、希望する仕事の種類によって異なります。まず、総合旅行業務取扱管理者資格は、旅行代理店もしくは旅行業者には一人以上の有資格者が在籍する必要があります。就職先が大手旅行代理店などで、海外旅行を企画するなどの仕事をしたいとお考えの方であるなら、総合旅行業務取扱管理者資格を目指したほうがよいでしょう。また、旅行会社を独立開業したいと...
Q.資格を取得すると就職に有利になりますか?
資格を取得すると就職に有利になりますか?旅行業務取扱管理者資格を取得すると旅行会社などへの就職に有利になるかどうかということですが、結論からいえば、有利になるといえます。旅行業法では、旅行代理店、営業所ごとに必ず旅行業務取扱管理者の有資格者を配置することになっているため、有資格者が退職した場合には、欠員を募集しなければなりません。その際、有資格者を採用する必要がありますので、旅行業務取扱管理者資格があれば、即戦力として旅行会社で働くことができます。そのため旅行会社もその資格に目をとめてくれるよう...
Q.収入・給料はどれくらいですか?
旅行業務取扱管理者の給料について教えて下さい。旅行業務取扱管理者を目指している人が気になる項目に、収入や給料があります。大学生の就職先人気ランキングでも、大手旅行代理店がランクインしているケースが目立っているため、人気のほどがうかがえ知れます。さて、実際の年収についてですが、一部上場企業の大手旅行代理店では、新卒者の初任給が176,000円から201,000円となっています。これにボーナスなどを加えると、年収は400万円ほどになります。これはあくまで初任給ですから、平均年収をみると30代では80...
Q.旅行業の経験や知識がないのですが受験は大丈夫?
旅行業の経験や知識がないのですが、受験しても大丈夫ですか?旅行業務取扱管理者の資格取得に関して、時折、旅行業の経験や知識がないのですが受験は大丈夫だろうかと考える方もおられます。確かに、旅行業務取扱管理者という言葉から、旅行のスペシャリストというイメージが強く湧きますから、このように思われるのも無理はないことでしょう。しかしながら、旅行業務取扱管理者資格は旅行業の経験や知識がなくても受験することができる大変ユニークな資格です。資格試験の受験要項には、受験資格について特に明記されておらず、国籍、年...
Q.語学力も必要になりますか?
働くためには語学力も必要になりますか?旅行業務取扱管理者として働く場合の語学力についてですが、海外旅行商品を扱う場合は英語力も必要になってきます。海外旅行を企画、計画する際に、現地の正確な情報を入手する必要があるため、それを確かめるためには適切な英語力が求められます。現地のホテルと連絡を取ったり、オプショナルツアーを計画する際に、現地の旅行会社に依頼したりする場合にも、英語での交渉力が必須となります。お客さまに間違った情報を与えないために、英語のスキルは磨いたほうがよいといえます。実際に必要な英...
Q.接客に不安があるのですが勤まるでしょうか?
接客に不安があるのですが勤まるでしょうか?旅行業務取扱管理者として旅行代理店で勤務する場合、サービス業である以上、接客サービス業務を行なう場面は多くあります。中には、接客が苦手で、接客に不安があるのですがこの仕事が勤まるのでしょうか、という疑問を持つ方もおられます。でも、たとえ接客に不安があるとしても、まじめに取り組むことで、旅行会社での仕事をしっかりとこなすことができるようになります。旅行代理店で勤務する従業員の多くが、接客を始めたのは就職してからという人が少なくありません。窓口でお客様対応を...
Q.独学で資格取得は難しいのでしょうか?
独学で資格を取得するのは難しいのでしょうか?独学で旅行業務取扱管理者資格を取得するのは難しいかどうかということですが、人によって大きく印象は異なってきます。たとえば、勉強が好きで、新しい知識を増やす欲求が旺盛な人にとっては、独学の勉強も楽しくなってくることでしょう。もちろん、独学で勉強するにしても、受験までの期間、しっかりと計画を立てることが大切です。試験科目は総合旅行業務取扱管理者資格試験が4項目、国内旅行業務取扱管理者資格試験が3項目となっているため、項目別にしっかりと勉強していく必要があり...