Q.総合資格と国内資格、どちらを選べばよいでしょうか?

スポンサード リンク



旅行業務取扱管理者Q&A

総合資格と国内資格がありますが、どちらを選べばよいでしょうか?
総合旅行業務取扱管理者資格と、国内旅行業務取扱管理者資格、取得を考えた際にはどちらの資格を選んだらよいかですが、希望する仕事の種類によって異なります。

 

まず、総合旅行業務取扱管理者資格は、旅行代理店もしくは旅行業者には一人以上の有資格者が在籍する必要があります。就職先が大手旅行代理店などで、海外旅行を企画するなどの仕事をしたいとお考えの方であるなら、総合旅行業務取扱管理者資格を目指したほうがよいでしょう。

 

また、旅行会社を独立開業したいと考えている人も、総合旅行業務取扱管理者資格が必要になりますので、もし、旅行代理店などでの勤務経験を生かして個人で旅行会社を起業したいと考えているなら、迷わずこちらの総合資格を取得するようにしてください。

 

また、旅行代理店への転職を考えている場合、海外旅行ツアーなどの企画や立案も行っている会社であれば、総合旅行業務取扱管理者資格があると転職に有利になります。

 

次に国内旅行業務取扱管理者資格についてですが、国内旅行を専門に扱っている旅行代理店への就職や転職を考えているのであれば、この資格を目指すことができます。

 

特に、団塊の世代が退職期を迎えていることもあり、バス旅行や電車での国内ツアーが人気を得ていますので、今後注目される資格の一つとなるのが、この国内旅行業務の資格です。

 

もし、国内旅行が大好きで、地理や文化、歴史に精通している人なら、この資格を選ぶとよいでしょう。

 

スポンサードリンク

Q.総合資格と国内資格、どちらを選べばよいでしょうか?関連エントリー

Q.資格を取得すると就職に有利になりますか?
旅行業法では、営業所ごとに旅行業務取扱管理者の有資格者を配置することになっているので、資格があれば採用されやすくなります。即戦力として働くことができるので、就職に有利になります。
Q.収入・給料はどれくらいですか?
旅行業務取扱管理者として旅行代理店で働くと、どれほどの給料がもらえるのでしょうか。平均年収をみると、かなり高い報酬をもらっているようです。
Q.旅行業の経験や知識がないのですが受験は大丈夫?
旅行業に関する経験や知識がなくても、旅行業務取扱管理者の資格を目指す人はたくさんいます。受験資格もとくに設けられていませんので、興味があるなら試験を受けてみても良いでしょう。
Q.語学力も必要になりますか?
旅行代理店で海外旅行商品を扱う場合などには、英語のスキルを身につけておく必要があります。英会話ができると、仕事の幅も広がります。
Q.接客に不安があるのですが勤まるでしょうか?
旅行代理店で勤務したい方は、接客サービス業務にも慣れておく必要があります。はじめは不安があるでしょうが、研修制度も充実していますので、接客スキルも向上していきます。
Q.独学で資格取得は難しいのでしょうか?
旅行業務取扱管理者の国家試験は、しっかり勉強して対策すれば独学でも合格することは可能です。ただし、自分の意志が弱い人は独学は向いていないでしょう。