旅行業務取扱管理者の給料は?

スポンサード リンク



旅行業務取扱管理者Q&A

旅行業務取扱管理者の給料について教えて下さい。
旅行業務取扱管理者を目指している人が気になる項目に、収入や給料があります。

 

大学生の就職先人気ランキングでも、大手旅行代理店がランクインしているケースが目立っているため、人気のほどがうかがえ知れます。

 

さて、実際の年収についてですが、一部上場企業の大手旅行代理店では、新卒者の初任給が176,000円から201,000円となっています。これにボーナスなどを加えると、年収は400万円ほどになります。

 

これはあくまで初任給ですから、平均年収をみると30代では800万円となり、かなり高めの報酬であることが分かります。

 

しかしながら、すべての旅行会社が同様の水準ではありませんので、平均的にみれば500万円ほどの年収になります。そのため、業界全体として高報酬が得られるわけではないということが分かります。

 

でも、旅行業務取扱管理者の資格があれば、資格手当が毎月支給される企業が少なくありません。平均的な資格手当が10,000円前後となっていますので、旅行業務取扱管理者資格があるほうが、収入が多くなるというメリットがあります。

 

仮に10,000円の資格手当だとしても、10年、20年、30年勤務を重ねていくことで合計して得られる資格手当はかなり大きくなることが分かります。

 

ただし、旅行会社の報酬は景気にも左右されやすいのが特徴です。景気が上向けば海外や国内旅行に出かける人口が増えるため、その分企業全体の業績が上がります。逆に景気が下向くと業績も当然落ち込みますから、それが報酬に反映されます。

 

スポンサードリンク

Q.収入・給料はどれくらいですか?関連エントリー

Q.総合資格と国内資格、どちらを選べばよいでしょうか?
旅行業務取扱管理者には、「総合資格」と「国内資格」の2つがあります。どちらを選べばよいか迷ったときは、転職や起業に有利になる総合資格を目指すとよいでしょう。
Q.資格を取得すると就職に有利になりますか?
旅行業法では、営業所ごとに旅行業務取扱管理者の有資格者を配置することになっているので、資格があれば採用されやすくなります。即戦力として働くことができるので、就職に有利になります。
Q.旅行業の経験や知識がないのですが受験は大丈夫?
旅行業に関する経験や知識がなくても、旅行業務取扱管理者の資格を目指す人はたくさんいます。受験資格もとくに設けられていませんので、興味があるなら試験を受けてみても良いでしょう。
Q.語学力も必要になりますか?
旅行代理店で海外旅行商品を扱う場合などには、英語のスキルを身につけておく必要があります。英会話ができると、仕事の幅も広がります。
Q.接客に不安があるのですが勤まるでしょうか?
旅行代理店で勤務したい方は、接客サービス業務にも慣れておく必要があります。はじめは不安があるでしょうが、研修制度も充実していますので、接客スキルも向上していきます。
Q.独学で資格取得は難しいのでしょうか?
旅行業務取扱管理者の国家試験は、しっかり勉強して対策すれば独学でも合格することは可能です。ただし、自分の意志が弱い人は独学は向いていないでしょう。