旅行業務取扱管理者に語学力は必要?

スポンサード リンク



旅行業務取扱管理者Q&A

働くためには語学力も必要になりますか?
旅行業務取扱管理者として働く場合の語学力についてですが、海外旅行商品を扱う場合は英語力も必要になってきます。

 

海外旅行を企画、計画する際に、現地の正確な情報を入手する必要があるため、それを確かめるためには適切な英語力が求められます。

 

現地のホテルと連絡を取ったり、オプショナルツアーを計画する際に、現地の旅行会社に依頼したりする場合にも、英語での交渉力が必須となります。お客さまに間違った情報を与えないために、英語のスキルは磨いたほうがよいといえます。

 

実際に必要な英会話レベルとしては、英検2級程度の資格は有しておくとよいと言えるでしょう。
英検2級は高校卒業レベルの英語力ですので、ラジオ講座やテレビ講座、あるいは通信講座を受講することで、比較的短期間で取得することができます。

 

もちろん、英語力は必須というわけではありませんが、英会話ができるなら、仕事の範囲も広がり、海外の営業所で勤務する現地従業員ともコミュニケーションが取れますから、会社では非常に重宝されます。

 

もちろん、旅行代理店には、英語が堪能な海外留学経験を持つ従業員が勤務している会社もあるため、そのような会社であれば、特段の英語力がなくても仕事を果たすことができます。

 

最近では、日本に住む外国人も増加しているため、窓口で外国人に旅行商品やチケットの手配を行う場合には英語力があることで活躍の場が広がります。

 

そのためにも、日ごろから英会話のスキルを上がることができるように対策をしておくとよいでしょう。

 

スポンサードリンク

Q.語学力も必要になりますか?関連エントリー

Q.総合資格と国内資格、どちらを選べばよいでしょうか?
旅行業務取扱管理者には、「総合資格」と「国内資格」の2つがあります。どちらを選べばよいか迷ったときは、転職や起業に有利になる総合資格を目指すとよいでしょう。
Q.資格を取得すると就職に有利になりますか?
旅行業法では、営業所ごとに旅行業務取扱管理者の有資格者を配置することになっているので、資格があれば採用されやすくなります。即戦力として働くことができるので、就職に有利になります。
Q.収入・給料はどれくらいですか?
旅行業務取扱管理者として旅行代理店で働くと、どれほどの給料がもらえるのでしょうか。平均年収をみると、かなり高い報酬をもらっているようです。
Q.旅行業の経験や知識がないのですが受験は大丈夫?
旅行業に関する経験や知識がなくても、旅行業務取扱管理者の資格を目指す人はたくさんいます。受験資格もとくに設けられていませんので、興味があるなら試験を受けてみても良いでしょう。
Q.接客に不安があるのですが勤まるでしょうか?
旅行代理店で勤務したい方は、接客サービス業務にも慣れておく必要があります。はじめは不安があるでしょうが、研修制度も充実していますので、接客スキルも向上していきます。
Q.独学で資格取得は難しいのでしょうか?
旅行業務取扱管理者の国家試験は、しっかり勉強して対策すれば独学でも合格することは可能です。ただし、自分の意志が弱い人は独学は向いていないでしょう。