資格試験は「総合資格」と「国内資格」の2種類

スポンサード リンク



試験は2種類に分かれる

旅行業務取扱管理者には、総合旅行業務取扱管理者という総合資格と、国内旅行業務取扱管理者という国内資格の2種類があります。それぞれで、扱うことのできる旅行業務の範囲が異なります。

 

まず、総合旅行業務取扱管理者についてですが、この資格を有する人は国内の旅行業務に加えて、海外の旅行業務を取り扱うことができます。

 

特に、大手旅行代理店は大卒者の人気企業になっていますから、就職活動の前に、総合資格の取得を目指す学生が多くいます。

 

海外旅行も扱う旅行代理店や営業所では、総合旅行業務取扱管理者を最低一人は置くことが定められています。

 

ですから、代理店内や営業所内での有資格者が少ない場合は、欠員に備えて、まだ資格を得ていない社員が取得するよう奨励される場合もあります。

 

また、旅行代理店を設立し、独立開業を目指す人も、総合旅行業務取扱管理者の資格が必要になりますので、起業を目指す社会人にも資格取得を目指す人が増えています。

 

さらに、転職で旅行業界に就職したいと考えている人にとっても有利な資格となるため、そうした人が受験するケースも目立っています。

 

次に、国内資格である国内旅行業務取扱管理者についてですが、この資格は国内旅行業務のみを取り扱うことができる資格です。

 

国内旅行のみを取り扱っている代理店ではこの資格を有する人を必ず配置する必要があるため、旅行業界に転職を考えている人が転職のステップとして目指す人もいます。

 

スポンサードリンク