旅行業務取扱管理者試験の合格率・難易度

スポンサード リンク



国内資格では3人に1人が合格!

旅行業務取扱管理者,合格率,難易度,就職活動

旅行業務取扱管理者試験を受験する人にとって気になるのが、試験の合格率と難易度です。

 

総合旅行業務取扱管理者試験と、国内旅行業務取扱管理者試験の共通試験項目に国内旅行実務がありますが、この試験内容の難易度が高いのが特徴です。

 

配点割合が高く、合格を左右する項目にもなるため、落としたくない重要な科目です。
具体的には、観光地の地理、年中行事が試験項目となっているため、国内の地理に詳しくしかも、文化にも精通していなければなりません。

 

地理が苦手と感じている人にとっては難しい項目となりますが、反対に地理が得意な人にとっては有利だと言えます。また、旅行が好きで国内の様々な場所を訪れたことのある人ならば、さらに有利だと言えるでしょう。

 

さらに、総合旅行業務取扱管理者試験では、海外の地理についての知識が試験項目としてありますので、さらに難しさが増します。国名や地名、地域、文化についても精通する必要がありますから、幅広い知識が求められるため、難易度が高い項目と言えます。

 

ですから、受験勉強の際には、国内、海外の地理を中心にしっかりと勉強をしておくことが合格への近道になります。

 

合格率については、総合旅行業務取扱管理者試験の場合、平均して全受験者数の10〜20%ほどとなっています。また、国内旅行業務取扱管理者試験では平均36%ほどとなっていますので、3人に一人の割合で合格できる試験だと言えます。

 

受験生の多くは就職活動を有利に進めるために、大学生が占めているのが実情です。

 

スポンサードリンク