旅程管理主任者(ツアーコンダクター) | 旅行関連資格

スポンサード リンク



旅程管理主任者(ツアーコンダクター)

旅行業務取扱管理者の関連資格のひとつ旅程管理主任者(ツアーコンダクター)は、ツアーでの団体旅行の際に添乗員として働く人のことを指します。

 

旅程管理主任者(ツアーコンダクター)は旅行業務取扱管理者とは異なる資格になります。
旅行業務取扱管理者は旅行商品の企画、立案、計画が中心となりますが、旅程管理主任者(ツアーコンダクター)は団体旅行での添乗員としての仕事になり、旅行業務取扱管理者の仕事を行なうことはできません。

 

旅程管理主任者(ツアーコンダクター)になるためには、海外での添乗員としての仕事ができる総合旅行業務旅程管理主任者と、国内での添乗員として仕事ができる国内旅行業務旅程管理主任者のいずれかを取得する必要があります。

 

旅行業務取扱管理者とは異なり、旅程管理主任者(ツアーコンダクター)になるためには所定の研修を受ける必要があるため、実務経験が必須となります。

 

資格取得までの主な流れは次の通りです。

1.添乗員派遣会社に登録する。 2.基礎添乗業務研修を受講する。 3.国内もしくは総合旅程管理研修を受講する。この3の過程が終了すると、修了証書が交付されます。その後、実務経験を積んでいきます。

 

たとえば、ツアーの補助添乗員として同行すること、手配旅行の添乗員として同行すること、登録している会社の研修ツアーに参加し、そこで添乗員の実務研修を受けることです。

 

実務経験は旅程管理研修が終了する日の1年以内に1回以上の添乗員の実務経験、もしくは、旅程管理研修終了日の三年以内に2回以上の添乗員の実務経験を積むことが定められています。

 

お問い合わせ先

日本添乗サービス協会
http://www.tcsa.or.jp/conductor/know/how.html

 

スポンサードリンク