インターネット旅行情報士 | 旅行関連資格

スポンサード リンク



インターネット旅行情報士

インターネット上には、旅行関連の情報があふれており、正確かつ適切な旅行情報を得るのも課題となっています。とりわけ、旅行業界に従事する人がインターネット上で情報収集を行う場合、顧客への情報提供の正確さが求められるため、正しい知識と、スキルが必要になります。

 

そこで、インターネット上での旅行情報を正しく扱える人材を育成するために設けられたのがインターネット旅行情報士という資格です。

 

インターネット旅行情報士とは、インターネットの仕組みを理解しており、インターネット上で展開されている数々の旅行情報を効率的に検索および活用できる知識を持ち、かつ、パソコンのセキュリティや接続設定の知識など、パソコンの基礎的な知識を持っているかどうか、また実務能力があるかどうかを認定する試験です。

 

試験は1,2級に分かれており、1級のほうが、難易度が高くなっています。

 

試験内容は、2級の場合、インターネットの知識に関する問題と、検索能力を問う問題の2つから成り立っていて、100分間のオンライン試験に合格する必要があります。試験は5月と11月の年2回実施され、合格ラインは75%以上の得点とされています。

 

1級は旅行業でのパソコン、インターネット利用に関する指導が行えることが認定基準となっていて、小規模LANのネットワークを利用して、インターネットによる情報検索ができるかどうか、セキュリティなどのパソコンシステム運用の知識があるかどうか、インターネット検索に関する優れた能力を有しているかどうかを判断します。

 

お問い合わせ先

JTB総合研究所 旅行情報士資格(インターネット旅行情報士検定)
http://www.jtb-hrs.co.jp/kentei/johoshi.htm

 

スポンサードリンク