旅行業務取扱管理者は転職や独立にも有利?

スポンサード リンク



転職や開業に役立つ?

旅行業務取扱管理者,資格,転職,独立開業

 

旅行業務取扱管理者の資格は、転職や独立開業にも役立ちます。

 

実際、毎年1万人を超える受験者がいますが、受験動機として、転職のため、また起業のためと答える人がいるのもうなずけるはずです。

 

 

即戦力として評価されるから採用されやすい!

 

まず、転職についてですが、大手旅行代理店をはじめ、各旅行業者では、顧客満足度を高めるために、幅広い分野での知識を持つ人材を必要としています。

 

旅行代理店に転職する場合、旅行業務取扱管理者の資格があることで、即戦力になることができますから、転職の際は非常に有利になる場合が少なくありません。

 

また、旅行業務取扱管理者には、総合旅行業務取扱管理者と国内旅行業務取扱管理者の二種類がありますが、旅行会社では双方の資格ともに活かすことができるため、転職のためのスキルアップとして受験する人が多くいるのです。

 

総合旅行業務取扱管理者であれば、海外ツアーの企画立案にも携わることができることから、旅行業者では重宝されますし、営業所ごとに必ず一人は総合旅行業務取扱管理者の有資格者が置かれることになっているため、転職には非常に有利だと言えるでしょう。

 

会社を立ち上げることも可能!

 

次に、独立開業についてですが、独立して新規に旅行代理店を立ち上げる場合には、必ず総合旅行業務取扱管理者の資格が必要になります。

 

この資格を取得することで、起業の道が開けます。特に、旅行業者から独立する場合には、これまでの知識やツアー全般に関するノウハウを生かすことができるため、起業がしやすいと言えるでしょう。

 

あなたのユニークなアイデアを活かして、これまでにない斬新な旅行を企画してみるのも夢ではありません。

 

スポンサードリンク