旅行業務取扱管理者の仕事内容

スポンサード リンク



具体的にどんな仕事をするのか

旅行業務取扱管理者,資格,仕事,業務

旅行業務取扱管理者の仕事内容については、主な業務が定められていて、旅行業者の仕事でも特に重要な分野を担います。

 

その一つ目が、旅行者に対しての旅行商品契約時に取引条件を説明することが関係してきます。

 

旅行代理店のパンフレットには旅行条件が詳細に記載されていますが、これらの条件を説明する責任を果たすのが旅行業務取扱管理者です。

 

また、お客様に対して、旅行に必要な書面の交付も旅行業務取扱管理者の仕事内容の一つとして含まれています。

 

次に、旅行で生じたお客様からの苦情対応や処理も仕事の一つです。

 

ツアーを企画する際、何らかの事情でパッケージ商品内容と実際の旅行内容が異なっていたり、観光地先が変更になったりする場合、お客様からのクレームが発生することがあります。その際のクレーム処理も行ないます。

 

また、旅行で必要な料金を決定するのも旅行業務取扱管理者の仕事の一つです。

 

お客様が喜ぶのは、料金に見合った、あるいはそれ以上の価値を提供することですから、目には見えない価値を提供するのも旅行業務取扱管理者の仕事の一つと言えます。

 

さらに、ツアーなどの旅行計画の作成、立案も重要な仕事の一つです。お客様に満足してもらうためにも、この分野の業務は最大のポイントになります。

 

たとえば、年齢に合わせたパッケージツアーの立案や、特定の趣向に合わせた旅行商品の開発なども旅行業務取扱管理者が手掛けます。

 

他にも、契約書類の保管を監督するのも管理者の業務の一つです。このように幅広い業務がありますので、とてもやりがいのある仕事といえるでしょう。

 

スポンサードリンク