旅行業務取扱管理者の勤務時間と休暇

スポンサード リンク



勤務時間と休日

閑散期と繁忙期で労働時間は変わってくる

旅行業務取扱管理者,勤務時間,休日,残業

旅行業務取扱管理者の勤務時間は、一般的な定めと同様に労働基準法で週40時間労働が定められているため、基本的な労働時間は一日8時間になっています。

 

しかしながら、旅行業もサービス業ですから、お客様対応といった業務のため、残業もあります。また、閑散期と繁忙期によって労働時間が大きく異なってきます。

 

たとえば、ゴールデンウィークや夏休み、年末年始の時期が近づくと、旅行代理店は繁忙期を迎えます。
この時期には多くのお客様が旅行商品を購入しようと旅行代理店に詰めかけますから、その分、業務量も増加します。

 

また、繁忙期近くになると、多くの旅行商品を発売する必要があるため、企画立案に携わる旅行業務取扱管理者の業務時間も増加します。そのため、繁忙期は旅行業務取扱管理者にとって、残業が多くなる時期でもあります。

 

また、従業員の多い旅行代理店ではシフトを組むことによって、残業が少なくなるよう調整を図っている会社もあります。

 

その反面、繁忙期を除くと、旅行代理店は閑散期を迎えます。繁忙期以外の時期はお客様対応もその分減少しますから、残業も少なくなるか、全くなく定時で仕事を終えることができるようになります。

 

ですから、1年をトータルで考えたときに、他の業種と比べても勤務時間は大差がなくなるともいえるでしょう。

 

休みは平日になることも

 

休日については、旅行代理店の多くは週休二日制を導入していますから、それなりに休みを取ることができます。旅行業者は土日が稼ぎ時になることから、休みは平日になります。

 

また、従業員同士が公平に休日をとることができるよう、シフトにより休日を決定している会社も多くあります。

 

スポンサードリンク